ウェルスハシモトの記録

リフォームに関するお問合せ

宇宙塗装で新たな「サロン」が完成しました!IN仙台

日々の目まぐるしさに追われまた記事を

書くのが空いてしまいました。

 

しかし、これだけは書かなにゃーいかん!と思い書いてます。(笑)

 

それは、あるご相談からはじまった。

 

 

ご夫婦共々お世話になってるなかよしの友人からのご相談メールを頂きました。

 

【ご相談】☆オーナー様でもあるアパートの1室について☆

住んでるお部屋の他に

「アパートの1室を仕事場として使いたいのだけど

なんか独特の臭いがしてー。なんか解決方法ある?」

そんな内容だったと思います。

 

奥様ご本人はただ「臭い消し」で良いものないかなー

なんて思ってた節がありましたが、そんなものはありません!(笑)

 

最近では、環境に優しい消臭材などもありますし、おススメもできるのですが

それは根本的な解決にはなかなかなりません。

 

ちょうど仙台に行く用事があったので、一度その状況を知りたいし

確認に行くことにしました。

 

「臭い」の原因を探るも大切。

でも解決することはもっと大切。

 

 

お部屋に入って「なるほどー」と思いましたね。

言われてみると、私も過去に集合住宅に暮らした経験もあるので

「そう言われると、こういう独特の臭いあるよねー」

なんてお話になりました。築20年以上も経過し、お住まいになる方も

変わられればそういう「臭い」もあるでしょう。

 

また奥様は結構お鼻が過敏?なのか?(笑)

私は勿論、後日一緒に確認したハウスクリーニングの社長も気づかない

「臭い」に反応されていました。(笑)

 

それだけ心身ともに「無垢」だからこそ、下着作家さんとして

急成長されていらっしゃ人気作家さんなのだと思います。^^

 

さて、

じゃーどうすんの?ってことで

【解決ご提案】☆消臭はもちろん多機能で喜んで頂ける「あれ」をおススメする☆

私「それならさー「あれ」はどうなの?」

奥様「あれって何?」

私「あれってあれだよー。宇宙塗装!」

奥様「えーーー!!そんなにオオゴトになるの!!!!????」

 

*(注)奥様は友人なので、ため口で語ってますが、一応私も常識あるので初対面のお客様には

決してため口ではお話しません。

 

私「大事ってほどでもないんじゃないかなー。クロスの上からでも塗れるんだよ。」

奥様「へーそうなんだー。え?塗るだけで臭いも無くなるの?」

私「そう、塗るだけでこの程度の臭いなら十分解決できると思うし、その他、壁や天井の仕上げも

塗り壁みたいになるし、そうそう、もちろん「断熱効果」や「窓ガラスの結露対策」、それとマイナスイオン効果

もあるから、お部屋の空気感も変わるし、壁に埃も付きにくい。とても快適な仕事場になると思うよー」

 

奥様「へーーーそうなの???(旦那さんに)パパどうする?」

旦那さま「そうなんだー。でどれくらいの日数と料金になるの?」

 

 

もう1つの「ご提案」。

 

 

こんなお話が展開され、仕事場兼お客様とのお打合せやトークルームとして活躍する

「サロン」計画がはじまりました。

 

そして、宇宙塗装を採用頂くこととなり、私からもうひとつご提案をさせて頂きました。

それが、「ファミ塗り」です。

「ファミ塗り」とは「ファミリー塗り」つまりご利用になるご家族にも一緒に塗って頂き

「一緒に空間を育てて頂く」というご提案です。

 

その経過をスタッフの沼澤が4コマ風に作ってくれました。

仙台ガイナ.4コマ

そして、

 

*はやく仕事場として使いたい

*クライアント様とのトークルームとして利用したい

 

そんな奥様からの願いもあり、ご相談頂いてから1か月以内に

すべて完成という運びとあいなりました。

 

もちろん子供さんたちにも塗って頂きたかったですが

今回はご夫婦で「宇宙塗装ファミ塗り」を満喫頂きました。

 

家族で体験するおもしろさ。

 

リフォームやリノベーションでは最近DIYを活用する若者も増えてきてますよね。

昨年、リフォームを依頼いただいたお客様も水廻りや外装工事は私たちに

お任せいただきましたが、居間や寝室の改装はご家族で模様替えされたケースも

ございました。

また最近のお客様でも退職されたご主人が解体作業や「宇宙塗装」をお手伝い頂いたケースも

ございます。

今回はご夫婦にとっても思いがけない出費となったこともあり、「ファミ塗り」を

して頂くことで予算を少々抑え目にして頂くこともご提案させて頂きました。

それもそうですが、実際に自分たちで塗る事でお部屋にますます愛着が生まれます。^^

 

こちらの動画でその状況がご確認いただけます。

https://youtu.be/UEhkpyYGW5c

 

 

さていかがでしたか?

旦那も奥様も

もくもく集中してやってました。(笑)

 

結構集中するんですよねー。

それがまた楽しい。

 

そして先日完成したとても素敵なサロンにお邪魔しました。

壁紙だった状態とは

テクスチャーももちろん違いますが

なにしろ「暖房の効きの早さ」や「空気感」の良さに

とても悦んで頂きました。

嬉しいですね。

そしてこちらにはもひとつ仕掛けをしました。

 

それは、内緒。♡

お知りになりたい方は是非サロンへ遊びにどうぞ。

 

https://ameblo.jp/linolinolife/

 

いろんなところで

「楽しい」「ワクワク」「感動」

を創っていけたら嬉しなー

 

 

 

 

それでも信用しにくい方には(笑)

 

宇宙の愛

の公式サイトも新たに生まれ変わりました!

是非、宇宙塗装はもちろんですが

その前に

「ほんとに効果あるの?」

って疑い深い方向けに(笑)

 

すやすや宇宙マット

をご用意してます。

 

これ、最近ではアラフォーあたりの

女性陣に非常に人気♪

 

是非、ご覧になってみてくださいねー♡

 

http://cosmic-reform.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ホリスティック空間」という発想

こんにちは。

前回は「ホリスティック医療」とは?

について書きました。

私がお医者さんでもないのに、なぜこんな話をするのか?

実はここに私たちウェルスハシモトが本質的に提案したい

リフォーム、リノベーションの「肝」が隠れているからです。

 

 

ホリスティック医療のおさらい

前回のお話を少しだけおさらいすると、

ホリスティック医療(統合医療)とは

「医療」とはお医者さんや医療関係者だけに任せるものでもなく、

「自分自ら」を癒すことも積極的にとりいれる

古くて新しい医療

 

と私なりに概念化してみました。

詳しくはこちらに書きました。

 

ホリスティック医療とは

http://wp.me/p7rwsq-iF

 

ホリスティックと住まいの関係とは

 

さて、その「ホリスティック医療」という概念が

どのように住宅のリフォームやリノベーションと

関わりがあるのか?です。

 

以前、住宅内部の温度と健康の関係性についても

書きました。

http://wp.me/p7rwsq-eV

このコラムを読んで頂けるとわかりますが、

今や国が住宅の温度が健康寿命に密接に関係している

という情報発信をしていますし、私たち建築業界の中では

今や当たり前の議論にもなっています。

 

そんなアプローチだけでも住まいは「健康」に及ぼす影響は

切ってもきれません。

 

さてさて、突然「ホリスティック」という言葉を出しても

理解に難しいであろうことは私自身も知っています。

 

その全体像をまずはざっくりと捉えて頂くために

「ホリスティック(統合)医療」の話をしました。

 

では、「バリアフリー」はご存知ですか?

 

では、質問です。

「バリアフリー」という言葉はご存知でしょうか・・・・?

 

 

よかったです。そうですね、この言葉の認知は拡がっていますから

一度は聞いたことがあるかも知れません。

 

「バリアフリー」とは「障壁や障害を外す、なくす」といった概念ですが

リフォーム工事などで特に顕著にその方法論が問われる改修工事があります。

 

それが、「介護保険」を活用した「住宅改修工事」です。

「要支援」「要介護」と行政側から認定された場合、

1人1生涯 原則20万円までの「住宅改修工事」の恩恵に預かります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

安心介護

 

https://ansinkaigo.jp/knowledge/1589

 

 

さて、わたくしどもウェルスハシモトではこの20年間で累計200件を超える

住宅改修工事を承ってきました。

山形県最上町を中心に周辺の最上郡、新庄市、尾花沢市など

ケアマネージャーさまとの打ち合わせは勿論の事、

必要に応じ、理学療法士、作業療法士の方や

医師や看護師の方とのアセスメント(多面的アプローチ)

を通じて、利用者の方の「尊厳」を大切にした「住宅改修工事」を

行ってきました。

 

介護の現場から学んだ大きなもの

 

それらの経験と実績を通して学び得たものは

「ノウハウ」だけではありませんでした。

 

もっと大きな気付きこそ

「人間の尊厳」「人の健康」「人生の質、暮らしの質=QOL」

だったのです。

 

あえて語弊があることを引き受けてお話しますと

「自分の健康は自分で守る」

「家族の健康は家族で守る」

 

そんな「感覚」だったのです。

私自身のこれまでの反面教師的経験が

さらにその「感覚」を研いだかもしれません。

 

その「感覚」は

「バリアフリー」から「ホリスティック」へ

 

という感覚に邁進していきました。

「障害や障壁を外す、なくす」ということも非常に大切ですが

さらに重要な事、それは「予防医学的」な側面でもありました。

 

その発想が「ホリスティック空間リノベーション」

というコンセプトに繋がりました。

ホリスティック空間リノベーションの全体像とは

 

ホリスティック空間リノベーションの全体像は

こんなイメージです。

ホリスティック空間の全体像

 

今回は長くなったのでこの辺で。

 

次回は、もう少し具体的に

ホリスティック空間リノベーションの内容について

書いてみようと思います。

 

このようなお話に興味のある方は

新しくなったウェルスハシモトの

WEBサイトをご覧になってみてください。

 

「バリアフリー」から「ホリスティック」へ

人間の可能性を呼び覚ます

ホリスティック空間リノベーション

http://wells-hashimoto.jp/

 

 

 

 

 

 

 

「ホリスティック医療」とは?

そもそも「ホリスティック」って何?

 

おはようございます。

この数か月、いろいろと頭の中を整理していました。

それは、とある講座に参加してからです。

その講座とは以前記事に書いたこの講座です。

 

http://wp.me/p7rwsq-hb

ホリスティック医学の講座です。

 

「ホリスティック医学」とは日本語訳で最も表現されやすいものでいうと

「統合医療」という概念でしょうか?

イメージでいうとこんなイメージかと思います。

 

これでもいま1つわかりづらいですね。

ただし、このイメージ図でも注目していただきたいところがあります。

それが、「ホリスティック医学」を構成している周囲の言葉たちです。

(日本ホリスティック医学協会より引用)

 

「ホリスティック(全的)な健康観」

「自然治癒力」

「患者自らが癒す」

「治療を選択・統合」

そして「病の深い意味」

 

どうでしょうか?

医療っていうからにはお医者さんが治してくれるんでしょ?

「自然治癒力」とか「患者自らが癒す」とか

はたまた「病の深い意味」って何よ?

 

そんな声が聞こえてきそうです。^^

 

この場ではあまりその詳細については語りませんが

より具体的なイメージでいえば

こんなイメージであればより理解が深まるかもしれません。

 

 

 

いかがでしょうか?

先ほどのイメージより具体的になりませんか?

 

つまりホリスティック医療とは「医療、専門家」だけのものではなく、

「代替医療」と呼ばれる要素も「自分を癒す」ことに取り入れて

「統合的に」自らを癒し、治癒していく行為

 

と私自身は捉えています。

 

このイメージ図はかなりわかりやすい秀逸なイメージではないでしょうか。

中には知らない言葉や内容もありますが、

もっとシンプルに考えると

 

「医療」をお医者さんや医療関係者だけに任せるものでもなく

「自分自ら」を癒すことも積極的にとりいれる

古くて新しい医療

 

という感じでしょうか。

 

「古くて新しい」が、味噌です。

西洋医療がこの100年規模で取り入れられてきましたが

それ以前はこの図でも表現されている「代替医療」そのものが

じつは本筋の医療だったわけですから。

「薬」はまさに「薬草」だったりしたわけですね。

「健康」の定義をあなたは自分で決めていますか?

 

 

さて人は「健康」を求め、「健康」のまま生きていたいわけですが

そもそも、その「健康」ってどんな状態なんでしょうか?

あなたなら「自分の言葉」で定義していますか?

 

是非、今ここでその「定義」を教えてください。

 

では、はい、どうぞ!!

 

 

・・・・・・

 

今、定義できた方は素晴らしいですね。

「健康」「健康」とはいうものの、はて?

「健康」っていったいなんだろ?

 

もしかしたら、そんな風に思った方

ここに1つのヒントがあります。これは「絶対的」なものでもなく

1つの指針としてとらえて頂きのですが、

この指針に基づいて私自身の話もこれからずっと展開していきますので

まずは「健康」についても「定義」からはじめてみますね。

 

 

 

 

これは「世界保健機構=WHO」の公式定義を図化したものです。

私自身もここにある「1948」年段階での日本語訳

「健康とは。。。身体的・精神的・社会的に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」

このセンテンスを理解し、自分なりの指針にしてきました。

 

驚くべきは、「1999年」版に改定されていることを全く知らなかったことです。

「健康とは。。。身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」

 

この違いわかりますか?1999年段階ですでに「霊的(日本語訳では)」という表現が加えられている点です。

http://www.japan-who.or.jp/commodity/kenko.html

 

(公益社団法人日本WHO協会ホームページ)

 

ここで先ほどのイメージを再度見てみましょう。

 

真ん中に注目してみてください。

「自然治癒力」の下に「身体」「精神」「霊性」という言葉があります。

英語で言えば「BODY][MIND][SPIRIT]。

つまり、WHO(世界保健機構)で定義づけしている「健康」の概念を

中心に据えて「医療従事者」と「自分自身」が手を繋いで

まさに自分の健康を達成している構図がここにあります。

 

これをして「ホリスティック医療」と言われている概念図

がなんとなく理解していただけるのではないでしょうか?

 

で、なんでこんな話をしているか?

 

です。(笑)

 

インスピレーションをうけたあること

 

そしてこれらの話を改めて講座で聴いているうちに

私の中で大きなインスピレーションがありました。

 

それが「ホリスティック空間リノベーション」という捉え方です。

 

長くなりましたので、次回以降この

「ホリスティック空間リノベーション」のお話をしていきたいと思います。

このお話は私個人の「お仕事の歴史」でもあり、「人生の歴史」そのものでもあります。

私たちウェルスハシモトがお客様にいったい何を提供したいのか?何を伝えるために仕事を

しているか?

 

その根本にどっしりとある最大のテーマであることに気が付いたのです。

 

もし、これらのお話に興味ご関心がおありになる方は

新しくなったウェブサイトをご覧になってみてください。

 

こちらからどうぞ

http://wells-hashimoto.jp/